鎌倉彫 文箱 唐草(株式会社 博古堂)

型番:33×27×15㎝

鎌倉彫は鎌倉時代、中国の宋から鎌倉に伝わった禅宗文化に端を発します。仏師らが造仏の技術を生かして制作した「仏具」に祖形を見ることができます。その後、茶道具への広がりを経て、明治時代以降、日常の道具や器を多数制作、鎌倉の伝統工芸品として広く知られるようになりました。
後藤家は、鎌倉時代から仏師とし代々仏像制作に携わって参りました。後藤家26代後藤齊宮は、息子たちとともに国内外の万国博覧会へ、仏像とともに鎌倉彫を出品、受賞、息子運久は明治33年に鶴岡八幡宮脇に店舗「博古堂」を構えました。
明治、昭和、平成の各時代を経て、令和の始まりとともに5代目に継承された博古堂の鎌倉彫は、伝統の継承を重く受け止めつつ、今の時代に生きるかたちを求めて制作を続けております。
木に彫刻をし、漆塗りを施した鎌倉彫は、様々な用途に長くお使い頂けます。使う事で漆の自然な艶が、彫りの凹凸に伴って陰影となって表れ、味わいが増して行きます。熱・酸・油にも強く、中性洗剤で洗う事も出来ますので器としてもご使用頂けます。
この品物は、博古堂の箱物の中で最も大きく、迫力のあるものとなっております。リズムある唐草が箱いっぱいに躍動し、彫刻刀で深く彫り込んだ斜面が、木彫りの魅力を見せつけてきます。赤い漆が唐草の大胆さを引き立てます。力ある一品です。

45,000円OFF COUPON

販売価格(税抜き・参考) 818,181円
クーポン取扱店(販売店) 株式会社 博古堂
ホームページ http://www.kamakurabori.org
クーポン在庫

45,000円OFF COUPON

ログインもしくは新規登録をするとクーポンを発行いただけます。